So-net無料ブログ作成

スポンサードリンク

短期ダイエットのデメリット

誰でも1週間とか10日間ぐらいの短期間で

ダイエットできたらなと思うことでしょう。

ダイエットを短期間で行おうとすると、

一旦はやせてもすぐにリバウンドすることがあります。

脂肪が燃えづらい体質になり、以後、

ダイエット効果がなかなか実感できなくなる体になることもあります。

短期間といっても1週間ではなく、1ヵ月程度の期間を設けて

ダイエットをする方が体への負荷は少ないですし、

メンタル面でも落ちついて取り組めるのではないでしょうか。

体重を減らすことを目的としてダイエットをするのではなく、

美容目的のデトックスならば、

3日間から1週間程度で効果を得ることが可能です。

しかし、身体的な負荷を考えると、

ダイエットを短期間でやることはよいことではありません。

もし仮に、1週間で2㎏の減量に成功したとしても、

以後もその体重でいられるかは別問題です。

体重を毎日計ってみればわかりますが、1キロや2キロは、

水分や食べた食事の量によって簡単に上下する量です。

そのため、1週間で2㎏程度のダイエットに成功しても、

効果が出たとは言いがたいものです。

ダイエットというには、食事や水分を少なくした影響が

体重に表れたのみであり、ダイエットとは言いづらいこともあります。

食事や水分の摂取量を急激に減らされると、

人間の体は環境の変化に対して代謝を下げて対応しようとします。

その結果、体内に取り入れた栄養素を脂肪として蓄積しやすくなり、

カロリー消費が低下する原因になります。

もしも短期間でダイエットをしたい場合は、体への負荷の少ない、

健康的な方法を実践することも大事です。

体に必要な栄養や水分を確保し、不足が発生しないようにします。

nice!(0) | 編集

nice! 0

Copyright © ダイエット関係百選! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。