So-net無料ブログ作成

スポンサードリンク

腹直筋を鍛える腹筋ダイエット運動

ダイエットで腹筋運動をする人は多いですが、

腹筋と共に腹直筋を鍛える方法も有効です。

腹直筋を使うために蹴り上げる動作をしながら、

片足で立ってお尻の筋肉に力を込めるものです。

ダンベルを手に持ち、前に伸ばしたまま維持する運動も含めるため、

二の腕を引き締め、肩の筋肉を強化します。

1~2キロ程度のダンベルをひとつ両手で持ちます。

足は肩幅に開きみぞおちを引き上げ姿勢を整えます。

左膝は直角に曲げつつ、右足を後方に引きます。両手は前へ、

右足裏はめいっぱい伸ばします。

肩の力を抜き、肩と耳が離れるようなイメージを頭の中に描きます。

腕に右膝が触れるくらい伸ばしたら、最初の姿勢に戻ります。

この動作を右30回、左30回、交互に行います。

きちんとこの運動ができれば、

筋肉に力が入っているという感触を得ることができるでしょう。

勢い良く手を振ったり、姿勢を変えるとダンベルの重さに振り回されるので、

ゆっくりと姿勢を変えていくようにします。

重さや勢いを使わずにそっと手足を動かすことで、

筋肉に負担がしっかりかかる腹筋ダイエットが可能です。

腹筋ダイエットで大切なのは、毎日コツコツ続けることです。

腹筋が割れているのを確認できるまでになるには、

下腹部の脂肪をきちんと燃やす必要がありますが、

できない話ではありません。

お腹を引き締めるため、腹筋ダイエットを続けましょう。

タグ:腹直筋
nice!(0) | 編集

nice! 0

Copyright © ダイエット関係百選! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。