So-net無料ブログ作成

スポンサードリンク

炭水化物によるダイエットの注意点

体への負担をかけすぎずに炭水化物ダイエットをするには、

幾つか知っておきたいことがあります。

日ごろから炭水化物の摂取量がさほどでもなく、

おかずや汁ものがメインという人にとってはやりやすいダイエットです。

しかし、普段からご飯、パスタ、うどんなど炭水化物を

たくさん食べていたという人には、体に無理がかかりやすいと言われています。

確かに数あるダイエット方法の中でも肉や魚料理などについては、

あまり制限がありません。

ストレスが少ないダイエット方法でもあります。

けれども、炭水化物がないことがストレスになる人もいます。

貯まったストレスの反動で、つい食べ過ぎてしまったりもするものです。

脳は糖質を栄養として消費していますが、

糖質は炭水化物を摂取することで得られるものです。

食材から炭水化物を減らしすぎたために、意識が朦朧となったり、

頭の働きが悪くなったりというトラブルが起きることがあります。

炭水化物ダイエットをすると、

結果的に炭水化物の代替物として肉類への依存が増します。

動脈の壁の内側に脂質が蓄積して、動脈硬化や心臓発作、

脳卒中などを起こす可能性があります。

血液中のコレステロール値がこれ以上高くなっては

いけない人はやめた方がいいダイエット方法です。

炭水化物ダイエットは、今までの食事内容や体質によって

結果の現れ方が異なるダイエットです。

人によっては問題が起きることがありますので、十分を気をつけましょう。

nice!(0) | 編集

nice! 0

Copyright © ダイエット関係百選! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。